2009年07月26日

スマートグリッド

 ここんとこ日本経済もアメリカ経済も株価下落の傾向にある。
 中国だけは上昇傾向にあるがバブルではないかとの噂もある。
 そんな中,オバマ大統領の言う「グリーン・ニュー・ディール」の流れに沿ってか,日本ではその目玉とされる「スマートグリッド」の研究が進められている。
 どうもその核心は蓄電池にあるようだ。いくら電気を発電しても,溜めておくことができなければ石油や原子力にとって代わることはできない。
 太陽光発電も,風力発電も,地熱発電も,電気は蓄電池がないと蓄えることはできない。常に必要量を発電しなければならない。
 ところがエコカーという電気自動車の開発も,電気を蓄える蓄電池の開発が絶対条件だ。「蓄電池が低コストで手に入れば,エネルギーに革命が起きる」と言われる。
 スマートグリッドは「賢い送電線網」と訳されている。時折りテレビなどで家の屋根に太陽光電池パネルを取り付けている光景を見る。家庭と電力会社とはつながっており,太陽電池で賄えない分は電力会社の電気を使い(買い),余れば電気会社に売ることができる。
 これを1軒だけでやるのではなく,町ぐるみで大規模に,こうしたネットワークを展開し,「賢い送電線網」の実験をしている町がある。
 群馬県太田市にある「Pal Town 城西の杜」である。
 家の屋根にはずらりと太陽光パネルが並ぶ。総戸数550戸。総発電量2200kw。住宅用太陽光発電システムとしては世界最大規模だという
1247784962.jpg
 NEDO(光エネルギー・産業技術総合開発機構)が運営にあたっている。
 諸住 哲主任研究員は「(これだけの)太陽光を発電を1ヶ所に集中すると電力系統上の問題が発生するので,その検証と対策技術を確立するのが目的」だという。
 太陽光などの自然エネルギーはクリーンで再生可能だが,晴れもあれば雨もある。太陽光は非常に不安定なのだ。その不安定要素は集中すると電力質て無全体では大きな問題となる。
 天気がよいと太陽光は発電は一斉に発電を始める。すると各家庭の電気が余って,電力(会社)系統のほうへ流れ込む。そして,規定の電圧より高くなると安全のため各家庭の太陽光発電が停止する。
 発電できるのに発電しないという状態になるのだ。そのために余った電気を溜めておく電池が必要になる。
 そして、夜発電しない時間帯に電気を取り出して利用する。
 現在は電圧をコントロールする実験では蓄電池がキーテクノロジーになるという。
 このITや蓄電池技術を応用して,電力を自動制御するシステムが「賢い送電線網」スマートグリッドということになる。太陽光発電など,新エネルギーには不可欠なものだ。
 つまりめざすのは電力会社が常に電気を供給するのではなく,互いに必要量を双方向に情報を流してコントロールするということらしい。
 この制御情報を一箇所に集めて各家庭の蓄電池の運転状態を制御する。550戸の太陽光発電システムをサーバーや制御装置で管理し,非常の場合にはここから全戸の発電を停止することもできる。
 電力の需要と供給のバランスを保てるように蓄電池を最適に運転するいろんなパターンを実験しているという。
 NEDOでは来年初頭,ニューメキシコ州で1000世帯の大規模実証実験を始める。
 太陽光パネルや蓄電池など日本のメーカーが参加し,アメリカ市場の開拓に打って出る。オバマ大統領はこのスマートグリッドをグリーン・ニューディール政策の中核に位置付けている。
 広大な土地を生かした巨大なメガソーラーを建設し,送電線網の整備や相互通信・制御などが柱だ。日本企業にとってはまさにビジネスチャンスだ。
 自然エネルギー発電は出力変動が起きるので蓄電池で出力を安定化する必要がある。
 今世界中でこの蓄電池の需要が急増しているという。
 日本ガイシでは工場内部は非公開だがNAS(ナトリウム硫黄)電池を作っている。
 ここへは世界各国から需要があるという。
 このNAS電池工場は24時間フル稼働しても生産が追いつかないという。
1247825740.jpg
 そこで来年夏に向けて新工場を建設中だという。ここでもスマートグリッドによって制御していくには蓄電池はどうしても必要で,需要はどんどん伸びていくことを期待しているという。
 日本政府は2020年に太陽光発電を20倍にするという目標を掲げているが,そのためには最大6兆7000億円もの投資が必要との試算もある。
 スマートグリッドは,これまで受身であった家庭が全体の調整に貢献することになる。
 そのためには技術だけではなく料金体系をも含めた議論が必要である。
 今も深夜電力のように安く電気を供給するシステムがある。
 太陽光発電などの余剰電力は安いですよというようなインセンティブ(景気刺激?)が必要だという。
 このインセンティブなどという経済用語がよく分からない。
 しかし,複雑なのは電力会社だろう。
 回りにいっぱい小さな電力会社ができるということになる。
 はたしてこのスマートグリッドは,電力会社にも,各家庭にもスマートグリッドとして働くのだろうか。
 ソーラパネルや蓄電池などスマートグリッドを進めるには,インフラ整備蛾必要である。
 そしてこれが最終に安く便利になれば,国が税金投入してでもやることになるのだろうが,その先はまだ未知数のようだ。大体電池もエコカー(電気自動車)のときはリチウム電池の低価格化が普及の鍵であるといわれていたが,こんどのNAS電池というものは全く意味不明だ(非公開)。
 今や下手に輸出でもしようものなら,中国に安価なものを作られてしまうので極秘扱いも止むを得ないと思うが,まだまだ未知数な部分が多いようだ。
 ただ,伝送網の技術とは別に発電装置としては,人が歩いたり動くこと・振動することによる発電装置もしばしば取り上げられるが,この電力量というのはどのくらいのものなのだろう。駅やスーパーの床など(できれば交通量の多い)道路などに取り付けると相当な電力量になるような気がするのだが。

●動画紹介(7/10 ワールドビジネスサテライト)
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/o1_148.html
posted by soonrail at 10:10| Comment(0) | TrackBack(5) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30831626

この記事へのトラックバック

ケノーベルからリンクのご案内
Excerpt: 太田市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2009-07-27 09:07

残り2部らしいです!資金30万からのずぼらトレードでOK!株取引錬金術
Excerpt: 先日ご紹介いたしました私の株仲間の小野寺さん執筆の株の教科書ですが、早速反響がありました★ 「ミリオネーゼさんのオススメ商材ということで信頼して買ってよかったです! 銘柄の見極め方をこの本で身に付..
Weblog: 株式投資でミリオネーゼ
Tracked: 2009-07-27 10:47

オール電化太陽光発電考え中!!
Excerpt: 不景気や、年金不安、少子高齢化や介護問題など、日不景気にも関わらず、太陽光発電導入がブームだそうです。なんでも補助金の導入で今がチャンスとか・・・我が家も検討を始めたいと思っています。そこで、色々調べ..
Weblog: オール電化太陽光発電考え中!!
Tracked: 2009-07-27 16:24

もう仕事やめます
Excerpt: 金はあるけど相手がいない女なんていくらでもいるもんなんだな!そろそろリーマン生活もあきてきたから、これで生計たてるとするか(爆)
Weblog: 生身の体レンタル
Tracked: 2010-04-23 14:54

もうずぶぬれ
Excerpt: ちこっと指出し入れしただけで「ぷっしゃ――――っ!!」って吹き出してやんの!その後もそのコってばイキまくっちゃって、お礼に10枚も札もらっちッタ!!
Weblog: いんぐりもんぐり
Tracked: 2010-04-23 14:58